ダイエット, トレーニング, 栄養

甘いものをやめられない理由

昨日習慣を変えないといけないという話をしました。

しかし、どうしても甘いものが欲しいとかたくさん食べちゃうという人いると思います。

そこには必ず理由があります。

別に意志が弱いとかそういうことではないです。

考えられる理由は3つ。

カンジダ感染か低血糖か中毒か

だと思います。(他にもあると思います)

カンジダというのは、腸に居座るカビです。

このカンジダは糖と鉄分が大好きなので甘いものを欲しがります。

鉄分も関係するということは、貧血の人もカンジダ感染が疑われます。

ダイエットしたい女性の天敵ですね。

低血糖は、脳のグルタミン酸受容体に作用し、手っ取り早く興奮を感じられるものを欲しがります。

それが糖です。

代表的なのが、チョコですよね。

おやつの時間にチョコ食べてる人、(チョコに限らずお菓子系)

低血糖の可能性高いです。

中毒というのは、脳にあるグルタミン酸受容体やモルヒネ受容体に作用するものを食べているということ。

小麦や添加物が多い人はなりやすいです。要注意。

どれか一つというより、それぞれが関係して、今の食習慣を作り上げてしまいます。

どうしてもやめられない人、

意志が弱いからだ…じゃなくて、

ちゃんと理由があるはずなので、

それを改善する食生活にすればいいのです。

まずはなんで自分が甘いものをやめられないのか、

その理由をつきとめましょう。

ちなみにやめるためには、

少しずつやめるより、一気にやめるほうがいいです。

まずは3日やめる!とか 1週間やめる!とか

その期間を少しずつ伸ばすほうが得策です。

まずは自分の食習慣を振り返ってみましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中