ダイエット, トレーニング, 栄養

ダイエットの敵 添加物

ダイエットしようと思ったら

甘いものやめなきゃとか

お菓子やめなきゃってなると思うのですが、

そういうのが癖、習慣になってた人はやめるのが大変です。

その理由の一つが添加物です。

添加物が体に及ぼす影響をざっくり4つあげます。

①脳に作用する

②血液pHが変動し呼吸が浅くなる

③腸内環境が悪くなる

④血糖値の乱高下

です。

もう①だけでマジ怖いです。

グルテンとか砂糖とか人工甘味料は

グルタミン酸受容体に作用し、

刺激する食べ物をより欲するようになります。

これが癖になる理由です。

麻薬とかと同じ原理です。

スパッと一気にやめる方がいいですが

どうしてもやめられない人は

1日おきにするとか、3日やめるとか

ちょっとずつ食べない時間を長くしてくのがいいと思います。

②の血液pHの変動ですが、

呼吸でpH値はすぐ変わります。

添加物でpH値が下がると呼吸数を上げてpHを戻そうとします。

呼吸数が増えるということは、交感神経優位になりやすいということです。

またそれで快楽を求めて添加物甘いものを求めるの繰り返しです。

③の腸内環境が悪くなると、

リーキーガットやカンジダ感染で

炎症体質で交感神経優位、より興奮を求めていくので

甘いもの、添加物で快楽を得るというループ。

これも中毒ですね。

④の血糖値の乱高下も同様、

低血糖でグルタミン酸受容体刺激されるので

また興奮を求めて糖質やグルテン、添加物欲しくなります。

お菓子やめられません。のループです。

だから、ダイエットしようと思ったらまずは食生活の改善。

腸に良い食事に変えるだけで、低血糖対策にもなるし、

脳腸相関で脳にも良い影響があります。

腸が乱れると全身に影響が出るので

まずは腸に優しい食習慣を目指してください。

グルテンフリー、カゼインフリー、プロバイオティクス、発酵食品摂る、添加物と砂糖控えるなどなどですね。

僕がやっているのは、白米から雑穀米に変えて、

納豆、キムチ、味噌汁を3食のうちどこかで必ず摂取

プロバイオティクスも飲んでます。

腸がしっかり働いているかどうかは、

便秘や下痢をしてないか、バナナ1本分スルッと便が出るか、をまずは見てみる。

添加物の話から腸の話になってしまいました。

結局腸が大事ってことです。

添加物ら気を付けてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中