ダイエット, トレーニング, 栄養

風邪予防の栄養

今年引いたおみくじ4回中3回大吉だった佐久間です。

(相当運があるらしいです。それとも、もう使ったってことですか?)

さて、今朝Twitterで見かけたのですが

とあるスーパーで某社のヨーグルトが売れ切れてるという画像がありました。

本当かどうかわからないですけど。

みんな風邪ひかないように、乳酸菌取って免疫高めようとしてるんだなーって解釈してました。

新型肺炎とかも来てますしね…

なので今日は免疫について書こうと思います。

ビタミンCとD

僕が普段サプリで取っているのはこの2つ。

ビタミンCは抗酸化作用と、風邪予防、副腎疲労対策です。

ビタミンDは主に免疫、粘膜保護や花粉対策みたいな感じですね。

ほぼ毎日トレーニングするので、

ひたすらビタミンC飲んでます。

できるだけ1時間に1g、最低でも2時間置きか、3時間は空けないようにしてます。

ビタミンDは日光浴でも体内で生成されますが、冬場は少なくなりがち。

栄養のこと話してるくせに、僕自身1日中ジムにいるので日光浴できてないっす…

なので、ビタミンDは約2日に1回、5000IUを一粒とってます。

まぁサプリ取ってても普段の食事がダメなら意味ないです。

ということで⬇︎

何をとるかより何をとらないか

分子栄養学の名言です。

どんなにサプリメントや健康に良いと言われる食材を取ろうが

他の食事が悪かったり、ストレス多かったり、

炎症があればその効果は上手く出ないんですね。

だから、免疫高めよーってヨーグルトに行くのもいいですけど、

その前にストレスためてないか、炎症はないか

睡眠は足りているか、普段の食事のバランスはどうか

運動の習慣はあるか

などに気をつけた方がいいです。

基本の生活がキチンとしているから

サプリや特定の栄養が活きてきます。

でもって、免疫といえば腸内環境ですから、

やっぱり腸に良い食習慣を心がけることが大切ですね。

積極的に摂りたいのは、乳酸菌はもちろん、発酵食品、食物繊維、フィトケミカル、などですね。

逆に避けたいのは、砂糖、添加物、トランス脂肪酸などなどです。

何をとらないか」ですよ。

それから身体を冷やさないこと。

免疫力のカギは体温です。

体温が下がると体内の酵素活性が弱くなるので

ウイルスや菌に対抗できなくなります。

あとは、もうとにかく「寝る」です。

睡眠不足も炎症です。

質も量もどっちも大切です。

量が少ない人は今より少しでも長く寝ること。

睡眠を決めてしまえば生活のリズムも作りやすいですからね。

当たり前ですけど、

手洗いうがいは絶対ですからね。

まとめ

なんだかんだでたくさんポイントをあげてしまいました。

これだけやっとけばいいということでもないし、

もっといろいろやれることもありますから、

自分に合うものを探して試して習慣にしてくださいね。

では、身体に気をつけて。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中