ダイエット, 栄養

ストレスで過食になる理由

歯間ブラシ中に歯が欠けていることに気づいた佐久間です。

今日はストレスで過食になる理由についてです。

空腹の仕組みと関係してきます。

ストレスを感じた時には、腎臓の上に乗っている副腎という臓器からコルチゾールが出ます。

(上の三角形が副腎ちゃん)

このコルチゾールが身体の中で何をしているかというと、

血糖値を上昇させたり、交感神経を活性化しています。

原始時代、天敵から逃げるか闘うかする時に、すぐに身体を動かせるようにするための反応です。

この血糖値の上昇が空腹と関連してきます。

コルチゾールによって肝臓からグリコーゲン(糖)が放出され、血糖値が上がります。

この放出された血糖は、運動中ならエネルギーとして消費されますが、ストレスの時は余ってしまいます。

余った血糖は脂肪細胞に運ばれて、結果肥満へつながってしまいます。

加えて、肝臓のグリコーゲンが減ると脳へ空腹の刺激が伝わります。

糖分回復しないとヤバいよーってことです。

グリコーゲンを回復するためには糖質が必要です。

簡単に食べれるのは甘いものの類ですよね。

もしくはラーメンとかお酒とか。

ストレス感じて鶏肉いっぱい食べてる人っていなくないですか?笑

タンパク質だと胃の食欲の場合は満たされても、肝グリコーゲンの回復は満たされません。

糖質を欲して食べ過ぎて、余った糖は脂肪になり、ストレスを感じて糖が減って、また糖質を食べて…の繰り返しです。

これがストレスで過食になる理由です。

ストレスの原因を無くす

なのでまずはストレスの原因を取り除くことが第一です。

取り除けないものならば、ストレス対策をしておくこと。

昨日の記事で書いたセロトニンも大切です。

セロトニンで副交感神経を活性化すれば、コルチゾールの分泌は下がります。

好きな音楽を聴く、運動する、寝る、深呼吸する、、など

自分なりのストレス対策を持っておきましょう。

実際に肝グリコーゲンが低下しているので糖質を食べることも大事ですが、食べすぎないようにしましょうね。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中