栄養

アンチエイジングにビタミンE

今日はビタミンEについてお話します。

ビタミンEのキーワードは、「抗酸化」「アンチエイジング」です。

女性にとっては特に大事な栄養素となります。


今回のポイント!

  • ビタミンEは強い抗酸化力を持つ
  • 老ける原因の活性酸素を除去してくれる
  • 活性酸素の原因は、運動、添加物などの食事、ストレスなど
  • アーモンド、パプリカ、アボカド、ごまなどがオススメ

詳しくは続きをどうぞ!


特徴

ビタミンEは「抗酸化力」「アンチエイジング」がキーワードです。

ビタミンA、ビタミンCと共に抗酸化ビタミンとして体内で重要な役割を果たします。

そもそも酸化とは、鉄のサビをイメージしてください。

酸化が強ければ強いほど老化が早くなります。

その酸化の原因は、体内で常に発生している活性酸素です。

活性酸素は非常に酸化しやすい酸素で、細胞膜をどんどん傷つけてしまいます。

ビタミンEは脂溶性なので、その壊れた細胞膜の部分に入って活性酸素を無害化し細胞膜を守ってくれます。

細胞膜を傷つけていた活性酸素は血中に放出され、血中のビタミンCと一緒に体外に排出されます。

抗酸化力をつけるなら、ビタミンCとEはセットで取った方がいいです。もちろんビタミンAも。

そもそも活性酸素が発生する量を減らした方がいいわけですが、

活性酸素は運動や心理的ストレス、添加物や酸化された食事、それから日光浴でも発生します。

ビタミンD産生のために日光浴と言いますが、日光浴するなら必ず抗酸化対策が必要です。


働き

ビタミンEには抗酸化以外にも働きがあります。

まず、血行を良くする働きもあり冷え性の改善にも有効とされます。

また、血中のLDLコレステロールが酸化をすると、

粘性が強い過酸化脂肪となって血管の内壁にくっついてしまいます。

これが動脈硬化などの原因で、ビタミンEはこれも防いでくれます。

そのため、動脈硬化、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞などの血管系の生活習慣病の予防にもなります。

性ホルモンを分泌する脳下垂体に働きかけてホルモン分泌にも関係しています。


食材

ビタミンEが多く含まれる食材は、アーモンド、オリーブオイル、パプリカ、アボカド、ごまなどです。

パプリカはビタミンCも豊富ですし、やはり色のついた野菜は大事ですね。

アーモンドは間食に向いてます。

ダイエットによく使われていますよね。

咀嚼が増えるため満腹感も出やすいですし、ビタミンE意外にも良質な油など、栄養が豊富です。

ビタミンEは脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂ることで吸収が良くなります。

また他の抗酸化物質と一緒に摂ることもオススメです。

例えば、トマト(リコピン)とアボカド(ビタミンE)、ごま(ビタミンE)とサバ(DHA)などです。

ビタミンEは過剰摂取になることはほとんどなく、むしろ不足の方が問題になります。

これらの食材を積極的とっていきましょう!

実はビタミンEは「トコフェロール」と「トコトリエノール」という2つのグループにそれぞれ、α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)の計8種類存在します。

サプリで取る場合は、これらが入った「ミックス・トコフェロール」を選ぶで、

それぞれが相補的に働き、抗酸化力を上げることができます。


現代人はストレスまみれですからね。

ストレス発散のための運動がさらに自分を老けさせる、なんてもったいないことにならないように

運動と食事はセットで考えましょう。

以前にも抗酸化について書いたので、ぜひそちらも読んでみてください。↓

https://saku31.com/2020/02/12/antioxi/

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中