栄養

止血に必要なビタミンK

今日はビタミンKについてお話します。

普段はあまり聞かないビタミンかもしれませんが、大事な役割がありますので

不足しないように気を付けましょう。


今回のポイント!

  • 血液凝固に関わるビタミン
  • 骨の成長や動脈硬化の予防にも必要
  • 小松菜、ほうれん草、海藻類、納豆がオススメ

詳しくは続きをどうぞ!


特徴

ビタミンKは、植物性食品に含まれるK1と動物性食品や納豆に含まれるK2があります。

K2は腸内細菌でも合成できますが、充分量ではありませんので、食事から摂ることが大事です。

働き

ビタミンKは、肝臓で血液凝固因子であるプロトロンビンを合成するときの補酵素として働きます。

ビタミンKは血液凝固のために必要なものです。

鼻血が出やすい人はもしかしたら不足の可能性があるかもしれません。

また、カルシウムを骨に吸収しやすくして骨の再石灰化を促します。

ビタミンDと同様に、骨の成長に必要なビタミンです。

同じようにして、動脈の再石灰化も防ぐため動脈硬化の予防にもなります。

成人ではビタミンKが不足することはほとんどないですが、

新生児の場合、ビタミンKの作用が機能しないため、

新生児メレナという消化管の出血や、

突発性乳児ビタミンK欠乏症で頭蓋内の出血が起こることもあります。

そのため、新生児や乳児にはビタミンKが経口投与されています。


食材

ビタミンKが多く含まれる食材は、

モロヘイヤ、小松菜、ほうれん草、

ひじきやワカメなど海藻類や納豆に多く含まれます。

ほうれん草、海藻、納豆は万能ですね!

ビタミンA、D、Eと共に脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂りましょう。

また脂溶性のビタミンの吸収には胆汁酸の分泌が欠かせません。

胆汁酸を作るためには、タンパク質と油の吸収が出来ること、そしてその消化力が重要です。

胃酸を分泌する食材の補助も忘れずに。

梅干しやお酢などの酸っぱいものや、

大根おろしなどの消化酵素たっぷりの野菜やフルーツも食べましょう。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中