栄養

貧血予防、神経の正常化にビタミンB12

今日はビタミンB12の話をしていきます。

ビタミンB12は赤いビタミンとも言われていて、

もともと赤い色をしていてかつ、赤血球を作る働きをしていることからそう呼ばれています。


今回のポイント!

  • 正常な赤血球を作るのに欠かせない、不足すると貧血に
  • 神経伝達にも関わる(認知症患者の脳にはB12不足がある)
  • 胃を切除している人は吸収が悪くなるから注意

詳しくは続きをどうぞ!


冒頭でも言ったように、ビタミンB12は赤血球を正しく作るのに必須の栄養素となります。

赤血球が作られるには脱核(細胞の核が無くなること)が必要で、その時にビタミンB12と葉酸が使われます。

この脱核が起きることで、赤血球が正常な大きさとなります。

B12や葉酸不足だと赤血球が大きいままになってしまい、

巨赤芽球性貧血と言われる貧血の状態になってしまいます。

赤血球が大きいと末端の毛細血管では赤血球が通れず、細胞への酸素供給がうまくできず、

末端冷え性やエネルギー不足による疲労感などにも繋がります。

またビタミンB6と共にタンパク質の合成や、

神経伝達物質の機能を守ったり末端へ運ぶ役割もあります。

睡眠のホルモンであるメラトニンの分泌を調整しているため、不足すると不眠の症状も出てきます。

認知症の人の脳内にはB12が少ないこともわかっています。

それほど神経伝達に必要であるということですね。

B12は胃壁から出る内因子と結合して吸収されるため、胃の切除をされてる方が欠乏症になりやすいです。

ビタミンB1以外は腸内でも少量作られていますので、

食生活や腸内環境が乱れていない限りはそんなに欠乏症になることはありません。

しかし、胃酸が出てないとビタミンB群の吸収は落ちてしまうので、

胃酸補助の食材やサプリも忘れずに。

不足の症状としては、貧血、全身疲労、集中力の低下、動脈硬化など神経系の問題が多いです。


食材

ビタミンB12が多く含まれる食材は、

レバー、カキ、アサリ、シジミなどがオススメです。

レバーは本当に優秀。

アサリやシジミなどはお味噌汁が一般的ですね。

そして、B12は細胞の中で働く栄養素で、

細胞内にB12を取り込むためにはリチウムというミネラルが必要で、

一緒に摂取した方がより効果的です。

このリチウムも含むのがアサリです。

やはり和食は栄養バランスが良いです。

日本人にとっては和食スタイルが1番。

一汁三菜、それが難しければ、

ご飯(タンパク質)とおかず(タンパク質)とお味噌汁の3点セットで

献立を組んでみましょう。

腸内環境と胃酸補助も忘れずに。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中