栄養

肌のビタミン、ビオチン

今日はビオチンについてお話します。

ビオチンなんて日常じゃ聞かないですよね?

女性は知ってる人もいるのでしょうか。

僕は栄養の勉強するまで全然知りませんでした。

でも、知らないものこそ大事な働きがあるんですね。


今回のポイント!

  • コラーゲンの生成を助け、肌や髪、爪などに影響する(肌のビタミンと言われている)
  • 三大栄養素の代謝の補助をする(不足すると疲労感、抑うつなどに)

詳しくは続きをどうぞ!


ビオチンは、ビタミンB7と言われることもあります。

皮膚炎を予防することから発見され、

ドイツ語の「haut(肌)」にちなんで、ビタミンHと呼ばれていたこともあり、

「肌のビタミン」とも言われています。

コラーゲンの生成を助け、皮膚や粘膜の維持、頭皮の血行促進に関わっているため、

不足すると肌が荒れたり、白髪や抜け毛、また爪がもろくなるなどの状態が見られます。

アトピー性皮膚炎の薬に使われていて、脂漏性皮膚炎の予防にも有効です。

皮膚炎の原因の一つ、ヒスタミンを抑制する働きがあるからです。

またビタミンB群全体に言えますが、

三大栄養素の代謝の補酵素として関与していますので、

不足すれば疲労感や食欲不振などの症状も起きてきます。

いろんな食材に含まれていて、必要量も少なく、

腸内細菌からも生成されるため、不足はほぼないと言われていますが、

それでも腸内環境が悪い人はビタミンB群の生成力は落ちていると考えたほうがいいでしょう。


食材

ビオチンが多く含まれる食材は、

レバー、舞茸、大豆製品、イワシなどです。

ここでもレバーです。

タンパク源となる食材には基本含まれているので、

日常的にタンパク質の摂取量が足りている人は問題ないと思います。

しかし、やはり腸内環境の影響は大きいです。

微量とはいえ、腸内細菌によるビタミンB群の生成の低下、

それ以外にも免疫や解毒、栄養吸収低下のことを考えれば

腸内環境が第一なのは間違いないです。

まずは腸内環境を整える食生活をしたうえで

これらの食品も意識して摂取してみてください。

ではまた!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中