栄養

カルシウムとマグネシウム

ミネラルは相互作用のあるミネラルどうしのバランスが非常に大切です。

今日はそのうちの一つ、カルシウムとマグネシウムについてお話します。


今回のポイント

  • カルシウムは収縮、マグネシウムは弛緩の作用がある
  • 乳製品はカルシウムとマグネシウムのバランスが悪い
  • 運動、ストレス、アルコールなどでマグネシウム不足が起こる

詳しくは続きをどうぞ!


カルシウム

カルシウムは人体の中で1番多いミネラルです。

ご存知の通り、骨や歯を作るミネラルで、体内の99%が骨や歯にあり、残りは血中に存在して神経や筋肉などと関わります。

カルシウムは筋肉や血管の収縮に関わっています。

そのため血中カルシウム濃度が乱れると心臓が止まってしまいます。

骨といえば骨粗鬆症ですが、

実はカルシウムの摂取が多い地域ほど骨粗鬆症が多いということがわかっています。

単にカルシウムを取ればいいということではなく、骨から溶かさないことが大事です。

どういうことかというと、例えば動物性タンパク質を食べると血液が酸性に傾き、

それを中和するために骨からカルシウムが溶け出して(脱灰)、アルカリとして働きます。

カルシウムが溶け出すことによって骨粗鬆症が進み、かつ血中に出たカルシウムが固まったものが腎臓結石にもなるのです。

これは虫歯も同じ原理です。

口呼吸などで口腔内が酸性になることで歯が溶け出し、そこに砂糖など甘いものが入ることで菌が増殖します。

ミネラルは局在が大事です。

カルシウムは細胞の外と中のバランスが厳密に管理されていますが、これが乱れると不調をきたします。

これを管理しているのがマグネシウムです。

特に骨の溶け出し(脱灰)亢進と牛乳などによるカルシウムの単独摂取が原因で

体内のカルシウムとマグネシウムのバランスが乱れます。


マグネシウム

マグネシウムの2/3はカルシウムやリンと一緒に骨にあります。

残りが筋肉などの細胞にあって、300以上の酵素反応の補酵素として働いています。

濃度が高いのは心臓と脳です。

なので、マグネシウム不足になると心臓(高血圧、狭心症、不整脈)、脳(不安神経症、うつ、脳の興奮)に障害が出ます。

人のエネルギーとなるATPを作る時に必須のミネラルです。

体内時計の調整や興奮作用のあるグルタミン酸受容体を抑制するため、精神的不安定の改善も見込めます。

運動、ストレス、アルコール、カフェインの摂取などはマグネシウムの浪費に繋がります。

とにかく、体内で1番酵素反応に使われていて、かつエネルギーを作り出すのに必要なので、

無駄なエネルギー不足を引き起こすものは避ける必要があります。

カルシウムは筋肉の収縮、マグネシウムは弛緩作用があります。

筋肉痛や心筋梗塞、高血圧など筋肉や血管系の障害はマグネシウム不足も考えられます。

肩こり、線維筋痛症、便秘、偏頭痛なども、マグネシウム不足による筋緊張や腸機能低下などと考えられます。


仮にそういった症状が見られる場合、

乳製品の摂取には気をつけましょう。

もしかしたら、腸内環境改善のためのヨーグルトや骨のためと思ってた牛乳が

腸内環境を乱したり、逆に骨を弱くしたり、

カルシウムとマグネシウムのバランスを乱しているかもしれません。

もちろん食習慣によって人によりけりですが、

現代人はマグネシウム不足だと言われています。

乳製品の取りすぎ、ストレス、アルコールなどでマグネシウムが浪費されています。

マグネシウムの多い食材、海藻や緑黄色野菜を意識してみてください。

それ以外には、マグネシウムの入浴剤を使ったり、にがりなどを使うのもおすすめです。

マグネシウムは吸収が悪く、取りすぎると下痢になります。

しっかり吸収するためにも、胃腸の状態を良くしておきましょう。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中