人生

価値観の裏に潜む本音

【僕はおちゃらけ者】

日曜日の実践講座で、まごめ先生が


「真面目な人は自分のこと、真面目な人って言わないでしょ」

って言ってたのが激しく納得いきまして。

その話を少しします。

突然ですが、
僕、髪の毛インナーにピンク入れたんですよ。

めちゃくちゃ可愛いでしょ!?😁

こんなやつ絶対チャラいじゃん?笑

でも、自分のこと真面目だと思ってるんです。

勉強好きだし、本も好きだし、なんか几帳面だし。

たしかに人から「真面目だよね」って言われるとちょっと嬉しい。


てかそう言われるように生きてきた、って気づいたのが冒頭の言葉です。

僕自身、根っこはおちゃらけ者だと思います。
(PCM黄色だもん。笑)

小学生も中学生もとにかく楽しくいたかった。

真面目とは縁遠かった。

勉強なんかテスト前くらいしかしてない。

高校でなぜか真面目に目覚めて学年1位。

大学デビューで金髪になっちゃったり。

社会人、トレーナーになって

「トレーナーは一生勉強でしょ」

なんて真面目ぶって。
(とはいえこれは事実だと思ってるけどね)

だからね、勉強しない人嫌いなんです。笑

でも今、髪の毛ピンク色。

世間的には真面目とは思えないですよね。

栄養も勉強しつつ、ストレスフリーを実践していくと、

ありのままでいいじゃん。
やりたいようにやればいいじゃん。

てなったらこうなった。

高校生やバイトの時から髪の色で縛り続ける日本社会が意味不明すぎ。

なんでこんなに縛られるのが嫌いなのかは
まだ答えはわかってないんだけど。

冒頭の話に戻りますが、

「自分真面目なんで」って言ってたし、

「真面目だよね」って言われるように生きてたって気づいたんです。

でもその裏返しで、
「本当はおちゃらけていたい自分」があるんです。

「トレーナーは一生勉強」という価値観も

真面目な自分を演出するもので、

別に勉強しなくてもいいわけで。

「勉強してない自分に価値はない」

という無価値観があったんだと。

「真面目な自分」もあっていいし、

「おちゃらけた自分」もあっていい。

勉強はしてもしなくてもいいんです。

物事それ自体に良い悪いはない。

選べるんです。

そこに気づけたら肩の荷が少し軽くなりました。

ここでも一つ、他人軸があったんだなーって。

まだまだいっぱいありそう!

どんどん取っ払っていくよー!

最後までありがとうございました。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中