健康, 人生

体調不良を言い訳にやりたいことから逃げていた。

どうも、佐久間です。

今回はアドラー心理学の本を数冊読んで気づいたことを。

詳しくはまた別で書きたいと思います。

分子栄養学を学んでいると、精神面のアプローチも大事になってきます。

たいてい家族関係、特に親子関係を拗らせてる人が多いのですが。

こういう人にありがちなのが、

他人の軸、親や世間の価値観で生きてる人や

自分が好きに生きられないのを他人のせいにしてます。

かくいう自分もその1人でした。

「これやりたいな、でもできないか」って思った時に、

「体調が良くないからなー」って言い訳してることに最近気づきました。

体調がよくなったらビジネスをもっと広げようとか、

自己肯定感が低いからそんなことはできないとか、

これもある種、ひとのせいにしてますよね、体調のせいにしてるんです。

じゃあその体調不良は誰が作り出したのか。

子供の頃から体調が悪いから、当時食事の支度をしていた親のせい?

そんなの関係ありません。

今の自分は、自分が今作っています。

事実ひとつの解釈無数。

自分が行動できないのを、他人のせい、何かのせいにするか、

自分のせいにするか。

というより、誰のせいでもない。

犯人探しをしても意味なくて、

今の自分は今からどうとでも変えられるのです。

そこに気づくことができました。

考え方の順番が大事で、

時間は過去から現在へ流れているのではなく、未来から流れてきています。

過去の自分はこうだから未来はこうなる

ではなくて、

「未来にどう在りたいから今何をするか」

過去は関係なし。

ちなみにアドラー心理学がこれです。

最近『嫌われる勇気』と『幸せになる勇気』を読みましたが(何年ぶりかの2度目)

痛快でした。

考え方や言葉の順番が変わるだけでこうも思考が変わるというのはおもしろいですね。

アドラー心理学の特徴は原因論ではなく、目的論であるところ。

例えば、体調不良だから行動できないという、

行動できない原因として体調不良を扱うのではなく、

行動した先に失敗した時などが怖いから体調不良という目的を果たしている、

という目的論がアドラー心理学。

好きなことをしなかった自分を正当化するために体調不良を選んでいたんです。

上手くいかなかった時の、「体調悪かったから」っていう言い訳を作っていたんです。

家族関係悪いとかも、

結局他人軸で言い訳を他人に押し付けてるだけで、

それを選んでるのは自分。

行動しない自分を正当化する理由作りでした。

原因論ではなく、目的論で考える。

この視点を持てるとモヤモヤが少し取れた気がします。

あとは、今までやりたくても逃げてたことをやるって決めると

「どうやったらできるか」という思考になるため、

脳のエネルギーの使い方が変わります。

その時にはもう「体調が良くないから」なんて思考はありません。

これがおもしろいです。

「何を考えるか」が本当に大事だなと思います。

できない原因を探すか、できる方法を探すか。

人生の満足度が高いのはどっちでしょうか。

必要なのは変わる勇気。

人は今この瞬間から変われます。

過去がこうだからと決めてしまうのではなく、

未来をどうしたいのか、という視点で考える。

1度きりの人生を味わい尽くしましょう。

最後までありがとうございました。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中