人生

運動も栄養もただのツール

どうも、佐久間です。

これまたふとした気づきと、ちょっとした決意表明的なことを。

僕はトレーナーをして初めて、世の中もっと健康ならいいのにと思いました。

僕が思う健康っていうのは、ストレスのない世界。

上司が嫌、家族が嫌、そんなのなし。

自分の好きなことを際限なくできること、です。

「自分に嘘をつかない」ということは最近特にいしきしてます。

そして分子栄養学に出会い、栄養の大切さを広めようとしましたが、

それは健康になるためのツールの一つでしかなかった。

栄養が身体を作り、思考を作り、性格を作り、

というのがおもしろすぎて、それを伝えることにこだわりすぎていました。

栄養の界隈には自分よりすごい人がいてその人がやればいいって塞ぎ込んだこともあります。

自分にできることは何か?

健康は栄養だけじゃない、運動も睡眠もその一つ。

生き方もそう。

僕の考える健康は、自分に嘘をつかず、好きなことをすること。

自分の人生を自由に味わい尽くす人を増やしたい。

それなら栄養も運動も何もかもツールの一つでしかない。

伝え方はトレーナーだけじゃない。

歌でも詩でも絵でも演技でも写真でも、

何を通して伝えたっていい。

そう気づいた時に自分の選択肢の広がりと心の余裕ができました。

だから僕は新しい道に進むことを決めました。

それはまた後日お話します。


そして、このブログを書いてる最中に読んでいた本で

ドンピシャ同じことを言ってるとこがあったので紹介します。

『メンタルモデル』という本で、

詳しいことはまた別で書きますが、

人にはそれぞれ「愛なし」「価値なし」「ひとりぼっち」「欠陥欠損」の4つのモデルがあり、

僕はそのうち「ひとりぼっち」のモデルに該当すると思いました。

「ひとりぼっち」モデルの創り出したい世界は

「人が命の全体性の一部を担っている、その一部として生かされている、というワンネスの感覚の中で誰もが自由に自分の人生を生きている世界」

だそうです。

ほぼ同じこと言ってます。笑

ビックリしました。

つい最近、「今ある環境に感謝」とか

「ご飯1杯にしてもその裏側に関わる世界の人達がいることを忘れないで」

と言ったこともブログに書きました。

自分が普段感じて取る全てが繋がりました。

この本によると、これからは自己表現期、

今までの痛みを紐解いたからこそ、これから自己表現できると。

これからが楽しみです。


てここまで書いてたら、

この本を先に読んでた人から

もしかしたら違うかもよ?なんて言われてしまって混乱してます!笑

続編もあるのでまとまったら詳しく書きますね。

中途半端ですいません。

ただ、自分の新たな気持ちを表現したかったので、途中ですが公開しました。

最後までありがとうございました。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中